グリストラップの蓋の枠について①

今回は、グリストラップの蓋の枠について書きます。

少し長くなるので、2回に分けて書こうと思います。

 

グリストラップの蓋の枠とは、簡単に説明すると蓋が乗っかる箇所です。

他に目地と呼ぶものもあり、少し紛らわしいので、まずはその違いについて、説明します。

 

下の画像をご覧ください。

蓋の周囲に銀色の縁があります。

グリストラップ蓋.com では、これを目地と呼んでいます。

グリストラップ蓋.com

目地は、幅15㎜・厚さ5㎜のステンレス製のものが一般的です。

取れて無くなっていたり、取れかかっているものもよく見ます。

取れてしまうと、蓋が動いて転倒するなどの危険があります。

また、隙間にゴミが溜まりやすく、不衛生ですね。

取れてしまっても、溶接で簡単に再固定が可能です。

 

そして、お待たせしました、ようやくの説明です。

下の画像をご覧ください。

グリストラップ蓋.com

先ほど説明した目地の内側、実際に蓋が乗っかっていた箇所がです。

枠の幅は、25㎜~30㎜が多いです。

グリストラップの蓋を製作する際、こののサイズが基本となります。

のサイズと蓋のサイズが同じでないと、

うまく入らなかったり、逆に小さすぎると落ちてしまいます。

 

今回は、目地の違いを説明いたしました。

次回は、大惨事になりかねない危険なについて書こうと思います。

 

グリストラップ蓋.com へのお問合せはコチラ